France Vintage カフェオレ ボウル ディゴアン&サルグミンヌ
5ba9ffbe5f7866625900159e 5ba9ffbe5f7866625900159e 5ba9ffbe5f7866625900159e 5ba9ffbe5f7866625900159e

France Vintage カフェオレ ボウル ディゴアン&サルグミンヌ

残り1点

¥4,320 税込

送料についてはこちら

フランスの片田舎で出会ったカフェオレボウル(ボル・Bol)は、 Digoin(ディゴアン)&Sarreguemines (サルグミンヌ)窯のもの。 柔らかで落ち着いたラベンダーカラーがが印象的です。 リムに11mm程度のチップがありますが、 上から釉薬のようなものでコーティング処理がされており、 口や手を傷つけたりはしません。 内側に製造時にできた窯キズ、わずかな使用跡、 リム内側全体にも僅かなシミや釉薬の剥がれ、微細なチップがありますが、 目立つクラックやチップはなくコンディションとしてはまずまず。 十分実用できるレベルです。 size:約W13.8×D13.8×H7.5cm 【ディゴアン&サルグミンヌの歴史】 1790年、N H Jacobi氏によって、フランスとドイツの国境の町Sarregueminesにサルグミンヌ窯が始まりました。 サルグミンヌは品質のよい陶器製作会社としてナポレオンも顧客になるほどの、大きな会社になりました。 さて、ディゴアンのほうですが、Digoinという地域に19世紀にすでに窯がありました。ディゴアン窯は大手の窯ではなく日本で言う有田焼などにあるようにその地域にたくさんの小さな窯が集まっている、といった感じのものでした。 1870年、Sarregueminesがフランス領からドイツ領となり、フランスへの陶器の輸出に莫大な税金を課されることになります。 そこでサルグミンヌはフランス内地に別途の窯を持つことにしました。 その白羽の矢が立ったのが、Digoin地域。  地域上の利点(大都市に近い、水路、陸路も便利)もさることながら、セラミック、グレー陶器、陶器の工場もあるので、移動先にはぴったりだったのでした。 こうして、1879年サルグミンヌはDigoinにやってきたのです。 サルグミンヌの技術力とDigoinの利便性が一緒になって、今でも人気のディゴアン&サルグミンヌ窯となったのです。 このディゴアン&サルグミンヌ窯は1879年から1970年まで続きます。 ■注意点 ・年代物・中古品等に理解ある方のみのご購入をお願いします。 ・色相、ダメージなどの商品説明は当方の主観であることをご了承ください。 ・ご不明意な点がありましたら遠慮なくお問い合わせ下さい。